静岡県 延床38坪 段差のある土地をステップフロアが活かすモダン住宅

物件概要
白と紺の組み合わせを基調とした爽やかな印象の住宅です。敷地にもともとあった高低差をあえてそのまま室内に利用したり、吹き抜け部分に空中の渡り廊下を造ったり、個性的な間取りが楽しい家になりました。
物件データ
エリア静岡県静岡市駿河区
家族構成大人2人、子ども1人
間取り4LDK
延べ床面積37.81坪(124.99m2
  • 静岡県 延床38坪 段差のある土地をステップフロアが活かすモダン住宅
    外観
    白と紺の切り替えが爽やかでクールな印象の外観です。外壁の色だけでなく、テクスチャも変え、変化を出しています。紺の部分と白い部分で基礎の高さが違っているのがわかるでしょうか?これは高低差のある土地をあえて平らに造成せずに、住宅の個性として取り入れたからです。リビングの写真もご覧いただければそのヒミツがわかりますので、是非ご覧ください。
  • 静岡県 延床38坪 段差のある土地をステップフロアが活かすモダン住宅
    リビング
    吹抜けのメリットが最大限発揮されたリビングです。大きな開口から得られる抜群の開放感と、1階2階両方からたっぷり降り注ぐ太陽光、家族がどこにいても気配を感じられる距離感は吹抜けがもたらしてくれる大きな魅力です。 外観から見えた基礎の高さの違いは、リビングとダイニングとのステップにあります。もともとあった敷地の高低差をそのまま室内の高低差に上手く活用した、大胆なプランです。
  • 静岡県 延床38坪 段差のある土地をステップフロアが活かすモダン住宅
    LDK
    キッチンに立つママ、ダイニングテーブルで勉強する子ども、ソファで寛ぐパパをつなぐ…そんな家族の距離や目線までデザインしました。それでいてリビングへ続く3段のステップが、くつろぐ時、食事する時の生活のメリハリを生みだしてくれます。リビング脇の窓は大きなものを1つではなく中くらいのサイズを3つ配すことで、外部からの視線を外し、心の底からくつろげる場所になりました。
  • 静岡県 延床38坪 段差のある土地をステップフロアが活かすモダン住宅
    キッチン
    納得住宅オリジナルの濃紺のキッチンと空色のリビングドアが爽やかなコーディネートになりました。白と紺の外観デザインともマッチしていますね。 キッチンカウンターに配したタイルは甘くなりすぎない大人色をチョイス。見えるタイルは小さな部分ですが、可愛らしさがグンとアップしています。キッチン背後のカップボードなどは爽やかな白で統一しています。
  • 静岡県 延床38坪 段差のある土地をステップフロアが活かすモダン住宅
    吹き抜け
    2階の宙に浮いた渡り廊下から階下を見下ろすと、リラックスした家族の笑顔に出会えます。リビングとダイニングの高低差を楽しむために、床の貼り方向を変えた遊び心もこだわりの1つ。 空色のリビングドアはイタリア直輸入のもので、テレビ台背後のアクセントウォールや、納得住宅オリジナルのリビングセットとの相性もぴったりです。
  • 静岡県 延床38坪 段差のある土地をステップフロアが活かすモダン住宅
    玄関
    イタリア直輸入のリビングドア≪REVER(レーベル)≫は三ツ星ホテルでも採用された実績を持つ、鏡面仕上げが美しいドアです。ドアが映え、それでいて主張過ぎないよう漆喰壁と無垢の木材とのバランスを考えました。 弧をえがいた下がり壁の向こうは季節物の履物やお子様の遊び道具などの収納に便利なシューズクロークです。散らかりがちな玄関をスッキリできますね。全身を写す鏡で足元までのお出かけ前のコーディネートチェックもこちらでできます。
  • 静岡県 延床38坪 段差のある土地をステップフロアが活かすモダン住宅
    階段
    空を感じる宙に浮いた渡り廊下です。室内で空中散歩の気分が味わえそうですね。 壁ではなくスッキリとした手摺を使用することで解放感がアップ。写真右手の引き戸はご主人様の書斎へと続いています。書斎の下には天井高を下げた大容量の収納空間を施工。リビング傍に広い収納があると、急な来客にも対応しやすく便利です。 小さな正方形の小窓が、まるで季節ごとに変わる風景画をかけたかのような景色を見せてくれます。