さいたま市 延床36坪 旗竿地に建つ、光と風を取り込むアンティークモダンな家

物件概要
周囲を建物に囲まれた、旗竿地のような立地のため、『光と風を取り込む』ことを第一に考えました。 「TOFU」のようなモダンな雰囲気の中にも、自然素材の質感を加え、モデルハウスよりもカッコイイ家を、とのご要望でした。
物件データ
エリア埼玉県さいたま市
延べ床面積36.07坪(119.24m2
  • さいたま市 延床36坪 旗竿地に建つ、光と風を取り込むアンティークモダンな家
    外観
    「TOFU」のようなデザインの外観をご要望でした。 ホワイトを基調としたシンプルでスタイリッシュな家ができました。 アプローチの縦格子・玄関前の横格子・玄関ステップが、室内に入る前から楽しげな雰囲気を高めてます。
  • さいたま市 延床36坪 旗竿地に建つ、光と風を取り込むアンティークモダンな家
    リビング
    爽やかな白を基調としたリビングです。色味をおさえてモダンな印象の室内ですが、フローリングや見せ梁、カウンターなど、随所に自然素材を置くことで、親しみのある雰囲気になっています。リビング上は吹き抜けで、新鮮な「光と風」を2階から届けてくれます。
  • さいたま市 延床36坪 旗竿地に建つ、光と風を取り込むアンティークモダンな家
    LDK
    自然な色味で統一されたダイニングキッチンです。 レトロで可愛らしいペンダントライトやダウンライト・間接照明で、おしゃれに明るさを取り入れています。 カップボードも大容量なものを施工して、散らかりがちなキッチンをいつもすっきり片付けることができます。
  • さいたま市 延床36坪 旗竿地に建つ、光と風を取り込むアンティークモダンな家
    寝室
    一日の疲れをとる寝室は、昼間に過ごす空間とは逆に、壁と天井にダークブラウン、床にライトブラウンを選択しました。 就寝前の時間は、部屋を暗めに設定することで、スムーズな入眠を促します。また、周囲が暗いほど、質の良い睡眠をとることができるとされています。 板張りの天井が、お休み前の心を癒してくれそうですね。